本サイトについて

耳掃除って難しいですね。
耳は自分で見えないですし、深く突いてしまうと大変です。
逆に耳掃除ってリラックスできて気持ちイイですよね。
耳掃除について書いてみましょう。

スポンサード リンク

耳掃除について

耳掃除についての情報って少ないと思いませんか?
耳そうじといえば、子供の頃に母親のひざまくらで
気持ちよく耳掃除をしてもらった記憶がある人って多いでしょう。


あなたは耳そうじを、
だいたいどれくらいの間隔でしているでしょうか?


耳そうじが好きな人は、
毎日でもせっせとそうじしています。


逆に嫌いな人は耳に耳かきを入れるだけでもドキドキして、
ちょっと触っただけでも痛いのではないかと委縮してしまいます。


耳掃除や耳かきはやりすぎても
中耳炎などを引き起こす場合がありますが、
ほうっておくとどんどん蓄積されていきます。


硬くなって取りにくくもなり、
自分の手には負えず
耳鼻科に行かなければならなくなる場合もあります。


また、耳そうじの仕方も人によってさまざまです。


ある程度たまってから、
耳かきでゴリゴリと音を立ててごっそりと取るのが好きな人。


耳そうじというより耳かき自体が苦手で、
綿棒で少しずつそっと抑える程度の人。


一概にどれが良いとはいえませんが、
耳の内部が痛むほどかいたりするのは
普通に考えてもあまりおすすめできないのではないでしょうか。


また、綿棒は耳に優しく当たるので良さそうですが、
逆に耳の内部に耳垢を押し込めてしまうのでは?
という説もあるのです。


耳の中は自分でしかほとんど手入れができないものですし、
鼻やのどにもつながっている大切な部分です。


耳にはカビが生える事もありますし、
ある程度は清潔にしておいて
病気になるのを最低限防げるようにしましょう。


子供を持つお母さんなどは、
特に耳そうじの仕方は気になると思います。


耳そうじのグッズがいろいろと出ていますが、
一番大切なのは
耳そうじを嫌がる子供にならないようにする事かも知れません。


頻度も耳が詰まるほどためておくのは例外ですが、
普通にするだけで毎回取れる程度にやっておけば大丈夫です。


ほどほどに、耳を傷めないように気を付けて耳そうじをしましょう。


耳掃除
耳掃除の専門店
耳毛
耳掃除の注意点
子供の耳掃除
耳掃除と耳鼻科
耳掃除と難聴
耳そうじの道具
耳かき
耳掃除に耳かき
耳掃除の道具

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system